【厚労省】屋外・屋内でのマスク着用の考え方について

 令和4年5月20日付けで、厚生労働省より下記の通りマスク着用の考え方が示されました。
 新型コロナウイルス感染症の基本的感染対策として、マスクの着用は極めて重要であり、会話をする際等には、マスクを着用していただくよう、様々な場面で国民の皆様にお願いしているところです。
 このマスク着用に関しては、どういった場面で外してよいのかという声や、マスク着用が長期化する中で表情が見えにくくなることによる影響を懸念する声があります。また、これから気温・湿度が高くなる季節になるため、マスクを着用していると熱中症のリスクも高くなることが懸念されます。
 令和4年5月19日の厚生労働省アドバイザリーボードにおいても、発達心理と保育の専門家からお話を伺うとともに、専門家有志から、屋外と子供のマスク着用についての考え方が示されました。
 こうしたことを踏まえ、基本的な感染対策としてのマスク着用の位置付けを何ら変更するものではありませんが、今般、下記の通り、
・身体的距離が確保できないが、会話をほとんど行わない場合のマスク着用の考え方を明確化するとともに、
・現在、オミクロン株の特徴を踏まえ、一時的に、対応を強化してきた保育所等における2歳以上の子供のマスク着用について、オミクロン株への対応以前の取り扱いに戻すこととしました。
※詳細につきましては下記をご覧下さい。

○屋外・屋内でのマスク着用について(厚生労働省リーフレット・PDFファイル)
○マスク着用の考え方及び就学前児の取り扱いについて(PDFファイル)
○「新しい生活様式」における熱中症予防行動のポイントをまとめました(厚生労働省・外部サイト)

Copyright(c) 2022 木更津商工会議所 All Rights Reserved.